時代と共に変わる金の役割

金プール制の廃止後、金価格は従来の1オンス35ドルという公定価格と、需給関係で価格が決定されるロンドン自由金市場価格の2本立てとなりました。
いわゆる「金の二重価格制」の始まりです。
言葉を変えて言えば、「金の一物一価時代の終焉」でした。
これを契機として、従来の通貨としての金が前面に出ていた時代から、通貨としての金に商品としての金が併存する時代へと変わったのです。

ところが、1971年8月のドルと金との交換をアメリカが一方的に停止したニクソンショックにより、通貨としての金は舞台裏に押しやられ、商品としての金が強調されるようになりました。
アメリカは「金は通貨ではなく商品だ」と主張して、金廃貨を唱え、基軸通貨国としての責任を突如として放棄してしまいました。
次に、1973年のオイルショックと、1974年のアメリカの40年ぶりの国民への金所有の自由化とが、80年代以降の金の姿を、従来の金の見方では考えられないほど大きく変えてしまうことになったのです。

現在エネルギーとして経済的に最も効率的とされている石油は、73年の第四次中東戦争を契機として4倍に値上がりしました。
経済活動の根源のエネルギー価格が、需給関係という経済理論によらず、武器の一つとして政治理論によってエンバーゴ(禁輸)という方法により左右されたことは、「経済の政治化」の象徴的出来事であり、いわば資本の論理の通用しない局面の出現ではありました。